スポンサーリンク

【期間限定】リクルートカードが、最大12,000円分プレゼントキャンペーン中!

みなさん、クレジットカードは何をお使いでしょうか。
私は、漢方スタイルカードをメインカードとして使っていますが、
2015年6月以降nanacoチャージの還元率が下がってしまうため、
別のメインカードを検討中です。

その一番の候補が、この「リクルートカード」です。

スポンサーリンク

何が良いかというと、何と言っても2.0%という、クレジットカードNo.1の還元率を誇っています。
簡単に言うと、商品を購入する際、なんでも2%引きになるという事です。

たかが2%と思うかもしれませんが、月10万円消費すると仮定すると、
月4,000円分も安くなる事になります。
メインカードとして、すべての支払いをまとめれば、もっと行くと思います。


■リクルートカード種類について

リクルートカードには、リクルートカードとリクルートカードプラスの2種類あります。

リクルートカード種類

どちらを選ぶべきか迷った場合ですが、
メインカードにするなら、リクルートカードプラス(JCB)
サブカードとしてなら、リクルートカード(VISA)を、
おススメします。

具体的にいうと、
年間27万円以上使うのであれば、リクルートカードプラス(JCB)。
それ以下であれば、リクルートカード(VISA)。

年間27万円というのは、年会費を還元率の差額0.8%で割った金額になります。

ちなみに、リクルートカードはJCBでなく、VISAと記載している理由ですが、
コチラは、チャージできる電子マネーの違いでVISAを選んでいます。

リクルートカード_電子マネー

リクルートカード(VISA)では、nanaco・モバイルSuicaに加えて、
楽天Edy・SMART ICOCAもポイント対象
になるため、
よっぽどJCBにこだわりがなければ、VISAをおススメします。

ちなみに、リクルートカードプラスは、JCBのみとなり、
電子マネーは、nanaco・モバイルSuica が、ポイント対象になります。





■付帯保険について

リクルートカードは、
海外旅行保険が、最高2000万円(利用付帯)
国内保険が、最高1000万円(利用付帯)
ショッピング保険が、年間200万円(海外・国内)と
年会費無料のカードとしては、かなり充実した補償内容になっています。
リクルートカード_付帯保険

リクルートカードプラスは、
海外・国内 最高3000万円(自動付帯)
ショッピング保険が、年間200万円(海外・国内)と、
コチラも充実した内容となっています。
リクルートカードプラス_付帯保険



■ポイントについて

カードを利用してためたリクルートポイントの使い道ですが、
下記のサイトで使う事ができます。

リクルートポイント

また、Pontaポイントと交換ができるようになりましたので、
下記お店を日常的に利用する機会がある方は、ためたポイントを十分使えると思います。

・ローソン・ケンタッキー・大戸屋
・ライフ(スーパー)・ゲオ(レンタルビデオ)・昭和シェル石油
・HIS(オンラインのみ)・ビックカメラ・AOKI(スーツ) 等


 Pontaポイント提携先


■家族カードについて

家族カードの発行が可能で、年会費は下記になっています。
リクルートカード_家族カード



■キャンペーンについて

そんなリクルートカードですが、現在お得なキャンペーンを実施しています。
通常、新規入会すると、最大10,000円分のポイントプレゼントをしていますが、
期間限定で、プラス2,000円の最大12,000円分のポイントプレゼントキャンペーンを実施しています。

リクルートカード_キャンペーン

こちらのキャンペーンは、2015年2月19日〜23日までの短い期間ですので、
検討中の方は早めに申し込んでください。

↓コチラから申し込めば、キャンペーン適用となります。
関連記事
[ 2015/02/19 13:33 ] クレジットカード | TB(-) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する